【初心者向け】普段使いのメイク用品でオトナ可愛い魔女メイク☆2017ハロウィン仮装初めてさん決定版!

9月ももう下旬ですね。約1ヶ月後にはもうハロウィンイベント!でも…

「今年はハロウィンの仮装しなきゃいけないんだけど、私、そういうの初めてなのよね…。私に仮装なんて、できるかなあ…?」

今日はそんなアナタにピッタリの仮装をご紹介します。ハロウィン仮装の定番の中で、一番とっつきやすいのが魔女メイクなんですよ。仮装というよりも、ちょっと新しいメイクにチャレンジしようかな、くらいの気軽さでチャレンジできます! ではレッツトライ!!


魔女にヘンシン!する時のポイント

魔女というのは、言うまでもないとは思いますが、女性の魔法使いのことですね。定番ハロウィンものの中では可愛く仕上げられるテーマの筆頭です! では魔女にヘンシンするためには何が必要になってくるでしょうか? 順番に見ていきましょう。

魔女仮装のカラー及びアイテム

ハロウィンの雰囲気を出すにはカラーが大事です。魔女の仮装をするとなると、

  • メインカラー… 差し色…
  • メインカラー… 差し色…オレンジ

の2種類が基本になります。他にポイントで赤を使っても良いでしょう。

魔女といえば、まずはあのとんがり三角帽子! これさえあれば間違いなく魔女に見えます。鉄板です!

衣装はお手持ちの黒いスカートかワンピースで十分だと思います。その場合はマントを羽織れば魔女らしい貫禄を出せます。今年の秋の涼しさから言うと、10月末のハロウィンシーズンはだいぶ寒そうですから、防寒も兼ねられて良いでしょう。

画像はパープルですが、ブラックやレッドもあります。大人用の丈130cmと、子供用の丈70cmがあります。お子さんとおそろいで仮装できますよ! 素材はポリエステル100%。

「手持ちの服じゃ雰囲気が出しにくいなあ」という方は、着回しなど考えずにコスプレセットを買ってしまうのがお手軽です。こちらはミニ丈ワンピ、帽子、白タイツのセット。

お子さん用の仮装セットは可愛いのがたくさんあります。

ドレス、帽子、お子さん大喜びのハートのステッキのセット♡ サイズ展開は110〜140です。

パープルばかり紹介してきましたが、オレンジもハロウィンカラー!って感じで可愛いですよ。

ドレスと帽子のセット、サイズ展開は95〜140です。コーディネイト例のように竹ぼうきを持たせると小さな魔女さんが引き立ちますね!竹箒は百均にあります☆

魔女メイクのポイント

では次にメイクを見てみましょう。以下に紹介する動画は、パープルのメイクで魔女の雰囲気を出しています。

使っているメイク用品はこんな感じでごく普通のラインナップです。

  • メンディングテープ
  • パープルのアイシャドウ
  • ブラックのアイシャドウ
  • ハイライト
  • ブラックのアイライナー(ペンシル、リキッド)
  • つけまつげ
  • パープルのリップスティック

目尻に沿ってテープを貼って養生してるのが画期的!(笑) なるほどー。こうやればパウダーでもシャープな塗り方ができるんですね!

テープで養生してからシャドウを塗ること以外は、とてもしっかりしたアイメイクをするだけで、特にテクニックも必要ありません。眼力を協調するためにかなり念入りにアイラインとブラックのシャドウで目まわりを作りこんでいますが、それだけです。普段のメイクと本質的な違いはないです。百均でパープルとブラックのシャドウパープルのリップスティックつけまつげを調達するくらいかしら? 養生テープを駆使しつつ、ぐりぐりと思い切って目ヂカラをアップしちゃってください!

メイクが仕上がって、衣装を着て、帽子をかぶれば、じゃーん! オトナ〜な魔女のできあがりでーす☆

こちらもどうぞ

もっと本格的にハロウィンっぽいやつがいいの!という方は、ゾンビになってみましょう。傷メイクの作り方もありますよ!ほーらコワイぞー(笑)

2016年版☆ハロウィン簡単コワ可愛いゾンビメイクとリアルな傷メイク3タイプ!特殊メイクからお手軽まで

2015.09.08